老犬介護19歳~晴れ時々涙

19歳ダックスフンドの介護記録

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

少しずつ前へ。


f:id:awanwan:20181225183626j:image

リッキーの定位置には、いつも一緒にお出かけしてた顎のせ用のダックスのぬいぐるみ。

まだ、リッキーの匂いがします。

リオもリッキーが恋しいのか離れず側にいます。

今日はずっとお世話になっていた動物病院へ行き

院長先生にリッキーの最期の様子をお伝えしたり、看護師さんたちにご挨拶をしてきました。

皆さん、リッキーの為に涙を流して悲しんでくれて、私もまた涙、涙の時間でした。

院長先生のお話しでは、リッキーはもうだいぶ前から限界が来ていて、生きてる事が奇跡と言える状態だったそうです。

最後の日にご飯やおやつを食べたのもすごい事で、立派な犬生、大往生だねと誉めて頂きました。

ご家族の側でお母さんの腕に抱かれて、これ以上ない最高のお別れですよと・・

 

お別れの時にお友達の皆さんにリクエストしたお別れの歌。

男の勲章。

泣きたくなるようなつらい時もあるけど、

いつも俺たち頑張ってきた。

時の重さに流されそうになった時でも、

歯をくいしばり、耐えてきた。

 

リッキーが夜中に鳴き続けたり、ご飯を食べない日が続いたり、痙攣で苦しんでたとき。

何だかいつも、この歌が頭に浮かんでリッキーを抱っこしながら子守唄がわりに口ずさんでました。

つらいけど、頑張ろう!って。

私とリッキーの応援ソングでした。


f:id:awanwan:20181225191116j:image

これから、少しずつリッキーの元気だった頃の画像もアップしたいと思います。

読んでくれてありがとう。