老犬介護19歳~晴れ時々涙

19歳ダックスフンドの介護記録

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

リッキーのいない朝

リッキーの鳴き声が聞こえる気がして

昨夜もほとんど眠れませんでした。

哀しみが痛く苦しい。

可愛い気持ちは同じだけど、りりぃを送った時より今の私が酷い状態だと自分でもわかります。

私の24時間全てにリッキーがいて、一心同体になっていたんだなと改めて実感してます。

 

ブログを書く事で気持ちに区切りがつくのか、余計に哀しみが増すのかわからないけど、

応援コメントで癒されている事は間違いない事で・・

人って弱いから、頑張ったねの言葉やリッキーは幸せだったと誰かに言って貰う事で、自分を正当化して楽になろうとしてる気がする、ズルいな私。


f:id:awanwan:20181224090227j:image

立派な葬儀でした。

いつもはほとんど涙など見せない旦那さんも大泣きでした。私は前日から泣き続けているので悲しいのと頭痛でもうフラフラです。

霊園の方はとても良い方で、私の気持ちが楽になるようにたくさんお話しして下さいました。

 

火葬が終わり、お骨上げでリッキーを見てまた涙。霊園の方がミニチュアダックスの19歳4ヶ月なんて、過去ほとんどいない年齢だと、驚かれていました。

その方がリッキーのお骨をみて、あまりにも白く綺麗だとまた驚かれてました。

悪い所は黒くなると言われてますが、リッキーは腰の辺りが少し黒ずんでいるように見えましたが火のあたり具合なのかな?よくわかりませんでした。

でも頭蓋骨の中にあきらかに黒く残った塊がありました、もしかしたら痙攣の原因と言われてた脳腫瘍がこれなのかな?と思いましたが、鑑定してもらうわけもなく、科学的にそれが本当は何だったのか

わかるはずもないですが。


f:id:awanwan:20181224092140j:image

もう鳴いて甘えて私を呼ぶリッキーはいません。

思い出がせつなく苦しく私を襲ってきます。

リッキーに会いたい。