老犬介護19歳~晴れ時々涙

19歳ダックスフンドの介護記録

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

介護生活、現実は厳しい!


f:id:awanwan:20181219173028j:image

昨夜は一度も下痢をせず、ゆっくり眠ってくれました。

点滴を続けるかどうかの答えは簡単には出せず、今日もやっぱり皮下点滴に行ってきました。

ステロイドが効いてきたのか、今朝は久しぶりにふやかしたフード(療法食)を嫌がらずに3口ほど食べて、お水も口元に近付けると自分で飲む事ができました。

下痢が止まって少し食べただけなのに、昨日とはうって変わって久しぶりの笑顔!


f:id:awanwan:20181219174056j:image

目の輝きが戻ってきました(^_^)
f:id:awanwan:20181219174113j:image

まだ、頑張りたいと言ってくれてるのかな。

 

・久しぶりに職場へ。

リッキーの体調が落ち着いてるうちにと、

病院帰りにリッキーを連れたまま、リッキーの介護が始まってから休んだままになってる職場へ。

クリーニング済みの制服を返却、使っていたロッカーの荷物の出し、中をキレイに・・

リッキーの介護が終わったら復職してくれたらいいよと言われていましたが、私が戻るかもと求人募集もせず待ってもらってる事が心苦しくなり、年を越さないうちにと、ご挨拶。。

とても働きやすい職場だったので残念です。

まさか、ペット介護で離職するなんて想像できてなかった、甘かったなと思います。

まだまだ長生きしてもらいたいけど、元気な時とは違い、生活パターンがガラッと変わってしまい、

お留守番できない介護犬との生活は本当に大変です。

月の病院代はビックリするほどかかるのに働けないのはイタイ(>_<)

来月には旦那さんが腰の手術で入院予定になっていて、リッキーの介護、弟(犬、猫)のお世話、入院中の旦那の用事あれこれ・・

考えるだけで疲れてきます(^^;

私、大丈夫かな?自分が心配です(゜〇゜;)?????