老犬介護19歳~晴れ時々涙

19歳ダックスフンドの介護記録

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

今日はよく動きます。

「ママ~リッキーしゃん起きたよ~」

「ここから、出して~」
f:id:awanwan:20181205120125j:image
もうすぐお昼の11時、二度寝から起きたリッキー。

f:id:awanwan:20181205120240j:image

クッションを支えにお座りしてます。


f:id:awanwan:20181205120332j:image

手前の毛布が気になるね。


f:id:awanwan:20181205120402j:image

「ねぇねぇ、ママ何かいるよ!」


f:id:awanwan:20181205120512j:image

ひょっこりはん、リオ登場\(^_^)/

「ほらねー、何かいたでしょー」

 

もう視力は残ってないけど、音や気配で色々わかるんだよね。

順応していく力、すごいなと思います。

人間だったら85歳を過ぎて、突然歩けなくなり、耳も遠くなり、目も見えないなんて事になったら、生きる気力なんてもう残ってないんじゃないかと、私なら絶望して何もしないまま終わってしまう気がします。

なのに、リッキーは使える上半身を動かして必死に前に進もうとします。

動物の生きようとする力、素晴らしいですよね。