老犬介護19歳~晴れ時々涙

19歳ダックスフンドの介護記録

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

眠れぬ日々の始まり


f:id:awanwan:20181101103403j:image

半年前、まだ歩けてた✨


リッキーの痙攣を初めて見たのは、およそ5年前の事、いつものように弟🐶と一緒に私から、オヤツを貰おうと、嬉しそうにはしゃいでくるくる部屋を走りまわっていたところ、何の前触れもなく急にバタンと倒れ、今思えば時間にしては1分程だったように思う、子供の頃から犬がいる生活をしてきた私ですが、痙攣する姿を見るのは初めての経験で、どうすることも出来ず、ただリッキーを正気に戻したいと、名前を呼ぶしか出来ませんでした。手足のバタツキが徐々に治まり呼吸も落ち着いてくると、何もなかったように起き上がり、普段通りに歩き出しました。

そんなこんなで原因不明の痙攣を忘れた頃に繰り返しながら、年齢とともに、少しずつ抱える病名も増えたけど、無事に19歳の誕生日を迎え、まったりのんびり、穏やかな老犬ライフを過ごして、このまま静かに老衰を迎え大往生で犬生を終えるのなら、リッキーも幸せかなと思っていました。